証明写真をつくろう!
デスクトップアプリ
有料
複数価格あり
正確にトリミングされた証明写真を誰でも簡単に作成できる
Takuya Murao
-
デジカメで撮影した写真を素材に、誰でも簡単な操作で証明写真を作成できるソフト。印刷や傾き補正などの機能を有償で追加することも可能。 「証明写真をつくろう!」は、自分で撮影したスナップ写真などから、履歴書や免許証、パスポートの申請に用いる証明写真を作れるソフト。写真データを読み込み、人物の顔を中心とした上半身部分をトリミングした上で、一般的な証明写真と同じ「写真を複数枚並べた画像」を作成して、ファイルに出力する。対応する画像形式は入力・出力ともにJPEG/BMP。
使い方は簡単。 1.起動時に開く「かんたん設定」ダイアログで読み込む画像ファイルを指定し、作成したい証明写真のサイズを選択 2.プレビューで確認しながら「顔の中心線」「頭の頂点」「あごの頂点」をラインで指定(写真にトリミング枠が表示される) 3.「ファイルの保存」ダイアログで用紙サイズ、写真枚数、ファイル名と保存先フォルダを指定して保存 の3ステップで操作は完了。トリミング済みの写真からなるイメージ画像が作成される。 作成できる写真のサイズとしてあらかじめ設定されているのは「運転免許証」「履歴書」「パスポート」「国際免許証」「ビザ」の5種類。ユーザがオリジナルのサイズを追加することもできる。用紙サイズも同様で、用意された「L」「2L」「DSC」「DSCW」「KG(はがき)」のほかに、任意サイズを追加することが可能。周囲の余白や写真の間隔なども細かく調整できる。 利用できるトリミング方法は、 ・パスポートトリミング ・オートトリミング の2種類。パスポートトリミングは、外務省によるパスポート写真の規定に準拠したもの。「写真の高さ(45mm)に対し、頭上スペースが4mm±2mm、顔の縦の長さが34mm±2mm」と決められている。オートトリミングでは「写真の高さに対し、頭上スペースが13%、顔の縦の長さが60%」となるが、設定を細かく変更することも可能だ。 簡単な写真補正機能も備える。明るさ、コントラストおよび色合いをそれぞれ±256段階のスケールゲージで調整できる。そのほかにもモノクロ化、セピア化、ネガ/ポジ変換を行える。
//win7app.vector.co.jp/win8appclick.php?A=979
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=979&img_no=1&type=0
メイン画面。顔の中心、頭頂とあごの位置を指定するとトリミング枠が表示され、右のプレビューで確認できる
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=979&img_no=2&type=0
「ファイルの保存」ダイアログで、用紙サイズと枚数を設定する
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=979&img_no=3&type=0
出力時のイメージ。欄外に用紙サイズをプリントすることも可能(Windowsフォトビューアーで表示)