Dropbox
Webサービス
無料
-
うっかりものの開発者が作ったストレージボックス。通常のフォルダのようにファイルをいつでも呼び出せる
Dropbox, Inc.
-
Dropboxは、データの入ったUSBを忘れ時間を無駄にしてしまったという誰にでもよくありそうな体験をきっかけに開発されたクラウドストレージサービスだ。ファイルをパソコン端末の特定のフォルダに保存するだけで、オンライン上のストレージボックスにも自動で保存され、外出先など違うPCやスマートフォンからファイルを利用することが可能になる。
Dropboxを利用するには、まず利用したいPCに公式アプリをインストールしよう。他のPCやスマートフォンでも利用したければ、同様にアプリをインストールしておく。インストール後、PCに作成される「Dropbox」フォルダがDropboxの入り口となる。 操作は通常のフォルダと全く同じだが、大きな違いは保存されたファイルがDropboxを利用しているすべてのパソコンからアクセスできることだ。ログインするだけで利用を開始することができ、むずかしい共有設定も必要ない。 相手がDropboxユーザーでなくても大丈夫。ファイルのリンク先はワンクリックで作成され、URL(リンク先の住所)がコピーされる。メールにペースト(添付)して送れば、相手はリンク先から必要なファイルだけ参照できる。 無料版のDropboxの容量は2GBだが、条件を満たすと容量が追加される特典がある。例えば、Dropboxを友達に紹介し、その友達が利用を開始する、などだ。 他のユーザーと共有したときに注意してほしいことは、ファイルを削除してしまうと共有ユーザーのフォルダからも削除されてしまうこと。なお、ファイルの復元はDropboxのウェブサイトからログイン後に行える。
//win7app.vector.co.jp/win8appclick.php?A=65
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=65&img_no=1&type=0
フォルダの位置は移動可能。ハードディスクの領域であればどこでも好きな場所にフォルダを設置できる。
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=65&img_no=2&type=0
Dropboxユーザでなくても、リンク先を作成してやることで特定のファイルの参照が可能になる。
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=65&img_no=3&type=0
うっかりファイルを消去してしまっても大丈夫。Dropboxのホームページにアクセスして履歴からファイルを復元するだけ。
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=65&img_no=4&type=0
無料版は2GBの容量しかないが一定の条件を満たすと容量が増える。
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=65&img_no=5&type=0
「何があっても大丈夫」というアピール。セキュリティも強固で、銀行の顧客情報管理に使われる強力な暗号方式を採用しているとのこと。