カハマルカの瞳
デスクトップアプリ
無料
-
再生中の動画やデスクトップ上の動きを手軽に取り込める多機能レコーダ/キャプチャ
milbesos
-
AVI/WAVファイルのカット編集やAVIファイルなどからの静止画抽出、マウスカーソルのキャプチャなども可能な多機能デスクトップレコーダ。 「カハマルカの瞳」は、メディアプレイヤーなどで再生中の動画、プレイ中のゲーム画面、ほかのアプリケーションの操作状態などといったデスクトップ上の動きを取り込み、動画ファイルとして保存できるキャプチャソフト。(再生中の動画を取り込めることからもわかるように)DirectXのオーバーレイ画面を取り込むことも可能。再生中の音声も取り込める。静止画のキャプチャにも対応する。
キャプチャはディスプレイ全体のほか、指定矩形領域を対象に行える。実行中アプリケーションのウィンドウやオブジェクト(サブウィンドウ、ボタン、各種ボックス類など)を指定することもできる。 矩形領域の指定は、ダイアログに表示されるディスプレイ全体の縮小画像に対して、キャプチャ範囲を囲んで行う。一覧からオブジェクトを選択する場合も、選択した領域がダイアログにプレビュー表示され、「どのエリアを指定したか」がわかりやすい。領域の選択情報をリストに登録しておくこともでき、同じ領域(座標)を何度もキャプチャする場合に便利だ。 動画キャプチャ時のフレームレートは、毎秒1コマから毎秒30コマまでの間で指定できる。色は16/24/32bitまたはデフォルトから選択することが可能。さらに、キャプチャ領域のサイズとは別に、90%から200%までの間でキャプチャ時の拡大・縮小率を選択したり、240×180pixelから640×480pixelまでの固定フレームサイズに画像を拡大・縮小キャプチャしたりもできる。ユーザの指定したパラメータでキャプチャ可能かどうかを事前に調べられるテストモードも用意されている。 動画キャプチャのほか、静止画をキャプチャしたり、再生される音声のみをキャプチャしたりもできる。 キャプチャした動画は、AVI形式のファイルで保存できる。システムにインストールされた(AVI対応の)任意のコーデックを使ってエンコードしながら保存することも可能。そのほかにも、 ・キャプチャ済みの複数の動画を結合する「結合編集」 ・フレーム画像を確認しながら、指定範囲を切り出せる「カット編集」 ・動画から特定フレームの静止画を抽出できる「静止画抽出」 ・指定フォルダ内のEXE/DLLファイルに含まれるアイコンなど、各種リソースを取り出して保存できる「リソースキャプチャ」 など、多彩な機能を備える。
//win7app.vector.co.jp/win8appclick.php?A=925
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=925&img_no=1&type=0
動作中の画面。メイン画面(左上)はコンパクトながら、再生中の動画などもキャプチャできる
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=925&img_no=2&type=0
キャプチャ範囲は、オブジェクトの選択で指定できるほか、矩形範囲で指定することも可能
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=925&img_no=3&type=0
テストモード。指定した範囲やフレームレートでのキャプチャが可能かどうかを確認できる
筆ぐるめ 25
豊富な素材やフォント、自動配置される宛て名レイアウトなどで、簡単にきれいな年賀状を作成できる「筆ぐるめ」の新バージョン
olive
ネットラジオレコーダー7
キーワード予約機能を強化。録音済みファイル編集時のUndoにも対応したIPサイマルラジオ録音ソフト
olive