Folder Colorizer
デスクトップアプリ
無料
-
右クリックからフォルダに色を付けられる、簡単操作のカスタマイズソフト
Softorino
-
コンテキスト(右クリック)メニューから選ぶだけで、フォルダアイコンを好みの色に変更できる“カラーカスタマイズ”ソフト。
 1.エクスプローラやデスクトップ上のフォルダアイコンを右クリック  2.メニューから「Colorize!」を選択  3.サブメニューから直接、変更したい色を選択 の3ステップで、フォルダの色をすぐに変更できる。元の標準色に戻す(Restore original Color)操作もコンテキストメニューから行えるようになっている。 初期状態で選択できる色は、Yellow(黄)、LawnGreen(芝生の緑)、Red(赤)、Blue(濃青)、Silver(銀色)、Violet(すみれ色)、SandyBrown(薄茶色)、Aquamarine(明るい水色)の8種類。そのほかの色をユーザが任意に設定・登録することも可能だ。 色の設定・登録には専用のカラーパレットを用いる。パレット上には、標準の8色のフォルダアイコンと色の名前が表示され、ここに新たな色を追加できるほか、標準色を削除することもできる。 例えば色の追加操作は、カラーピッカー上をクリックして色を選択し、パレットに追加するだけと簡単。新しく作ったフォルダの色は、サンプルのフォルダアイコンで確認でき、わかりやすい。標準の色と同様、ピックアップした色にもすべて名前が付けられており、色の区別は容易。色の名前を変更することも可能だ。 使用する色の数も含めてユーザが自由にカスタマイズすることが可能で、例えば、  ・目立たせたいフォルダだけを濃い色にする  ・「仕事用」「趣味用」といった用途別に色分けする  ・「家族」「社員」など、ユーザごとにフォルダの色を決めて分類する というように、目的に合わせてさまざまな使い方をすることができる。さらに、色の名前も変更できるので、オリジナルの色に好きな名前を付けたり、果物や動物の名前で統一してみたりなど、アイデア次第でおもしろい使い方ができそうだ。 なお、色付けされたフォルダには、アイコンファイル(.ico)が追加される。このアイコンファイルをごみ箱に入れることでも色指定を解除できるようだ(コンテキストメニューからの削除では、ごみ箱には入らず消去される)。
http://win7app.vector.co.jp/win8appclick.php?A=510
http://win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=510&img_no=1&type=0
操作中の画面。好きな色を登録しておけば、コンテキストメニューから選ぶだけでフォルダの色をカスタマイズできる
http://win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=510&img_no=2&type=0
選択した色の名前を変更することも可能。用途別の分類などにも使える
http://win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=510&img_no=3&type=0
ビビッドな配色や柔らかい配色など、好みに応じてトーンを統一してもよい