Acronis True Image 2015
デスクトップアプリ
有料
複数価格あり
インタフェースが刷新され、より直感的に操作できるようになった“定番”イメージバックアップソフト
アクロニス・ジャパン株式会社
-
ローカル、クラウドの両方に対応する高機能イメージバックアップソフト「Acronis True Image」シリーズの新バージョン。ユーザインタフェースが刷新された。 「Acronis True Image 2015」は、ディスク/パーティション全体のバックアップとファイル/フォルダ単位でのバックアップ/復元に対応した“定番”バックアップソフト。強力なスケジュール機能やハードディスクのクローン作成機能、複数台のパソコン間でのデータ同期機能など、多彩な機能を備える。新バージョン「2015」では、インタフェースがストアアプリ風のシンプルなものに刷新され、より直感的に操作できるようになったほか、Windows 8のタッチパネルにも対応した。さらに、アクロニス社が提供するクラウドサービス「Acronis Cloud」を利用したバックアップ/復元ではパフォーマンスを改善。実行時間が大幅に短縮された。
バックアップ元(ソース)は、コンピュータ全体、ディスクとパーティション、ファイルとフォルダから、またバックアップ先(ターゲット)は、ローカル/ネットワークドライブのほか、NAS、FTPサーバなどから選択できる。別契約の「Acronics Cloud」を利用すれば、オンラインストレージにバックアップすることも可能。「Acronics Cloud」からの復元ではWi-Fi接続も利用できる。 オプションでは、 ・バックアップの暗号化(イメージファイルのパスワード保護) ・スケジュールバックアップの設定 ・バックアップスキームの選択 ・ディスク容量が不足した場合の通知設定 ・イメージファイルの分割 ・処理の前後に自動実行するコマンドの指定 などを行うことが可能。スケジュールバックアップでは、1日単位(開始時刻指定)、週単位(曜日と開始時刻指定)、月単位(日付または第何週何曜日と開始時刻の指定)、イベント発生時(ログオン/ログオフ、起動時)のほか、5分おきに自動実行する「ノンストップ」と「スケジュール設定をしない」を選べる。さらに詳細設定では「HDDアラーム発生時にバックアップを実行する」「コンピュータのアイドル時にのみバックアップを実行」「コンピュータをスリープ/休止状態にしない」といった指定も可能だ。 バックアップスキームは、バックアップ方法を指定するためのオプション。「完全」「増分」「差分」のバックアップ種類をベースに、それらの実行パターンを細かく組み合わせた「スキーム」を選択することで、ユーザの好みやパソコンの使用状況に応じたバックアップパターンを手軽に指定できるようになっている。 作成したバックアップ設定はただちに実行され、同時にメイン画面の「バックアップ」グループに登録される。以降は「バックアップ」グループから実行したり、設定の変更、復元、ベリファイなどを行ったりできる。 基本的なバックアップ機能に加え、 ・「Acronics Cloud」を利用したデータの同期 ・クローンディスクやレスキュー用メディアの作成 ・スマートフォンやタブレットからパソコンにリモートアクセスしてバックアップ管理を行う機能 ・ドライブまたはパーティションの内容を完全に消去する「Acronics DriveCleanser」 ・パスワードやコンピュータ操作の履歴を抹消するシステムクリーンアップ ・バックアップ専用パーティション「Acronics セキュア ゾーン」の管理 など、数多くの便利な機能が用意されている。
http://win7app.vector.co.jp/win8appclick.php?A=438
http://win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=438&img_no=1&type=0
メイン画面。外観はストアアプリ風。コンピュータ全体を手軽にバックアップできる
http://win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=438&img_no=2&type=0
バックアップスキームによって効率的な管理を実現
http://win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=438&img_no=3&type=0
ディスクのクローン作成やレスキューメディアの作成も可能