Blumind
デスクトップアプリ
無料
-
トップダウン型のアイデア整理やメモに最適なマインドマップ作成ソフト
Blumind
寄付歓迎
アイデアやメモを系統的に整理するのに役立つマインドマップ作成ソフト。ノードに進捗状況やメモを入力したり、リンクを貼り付けたりできる。作成したマップを、静止画やCSVファイルなどにエクスポートすることも可能。 「Blumind」は、複数のマップ(ドキュメント)を同時に編集できる、タブ切り替え式のマインドマップ作成ソフト。1ドキュメント内に複数のページ(タブ)を作ることもできる。階層構造が放射状に展開されるオーソドックスなマインドマップのほか、組織図(上向き、下向き)、ツリー図(左向き、右向き)、ロジック図(左向き、右向き)の各レイアウトにも対応。「プロパティ」設定で、簡単に切り替えることができる。
テーマとなる「中心トピック」を起点として、アイデアや問題点などのアイテムをノード(節)として登録し、階層構造を持つ樹形図を作成してゆく。各ノードは折りたたんだり、展開したりすることが可能。細かい(より下位レベルの)ノードを折りたたんで見やすくしたり、すべてを展開して全体をチェックしたりできる。 マップにノードを追加してゆくと、メイン画面右側の「オブジェクト」にも反映される。エクスプローラのフォルダツリーに似た階層構造のリストで、アイテムを選択すると、マップ側でも同じノードが選択されるようになっている。 各ノードではフォントや文字サイズ、背景色などの装飾に加え、枠線の色や形状(楕円、四角、角丸など)を指定することが可能。設定は「プロパティ」にまとめられ、ノードを選択するたびに、当該ノードのプロパティが表示されるため、変更も容易だ。さらに、ノードにアイコン(あらかじめ用意されている)を登録したり、メモや進捗状況を登録したり、ファイルやWebページのハイパーリンクを設定したりすることもできる。 (各ノードとは別に)マップ全体の設定を行うことも可能。マップの背景部分(ノード以外のところ)をクリックすると、「プロパティ」にマップ全体の設定が表示される。マップのレイアウト設定もここで行う。 「プロパティ」の設定をセットにした「テーマ」も用意され、「テーマ」を利用することで、より簡単に設定を行える。もちろん「テーマ」をカスタマイズすることも可能だ。 作成したマップは印刷できるほか、BMP/GIF/JPEG/PNG/TIFF/SVGといった形式の画像ファイルや、Freemind/TXT/CSV形式のファイルにエクスポートすることが可能。インポートはFreemind/CSV形式に対応する。 そのほか、任意の時間設定やプリセット設定を使用できるタイマ機能を搭載する。
http://win7app.vector.co.jp/win8appclick.php?A=1018
http://win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=1018&img_no=1&type=0
メイン画面。アイデアの整理や問題点の分析に適したマインドマップを作成できる
http://win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=1018&img_no=2&type=0
プロパティ(画面右下)で、レイアウトの種類をツリー図や組織図に切り替えられる
http://win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=1018&img_no=3&type=0
付属のアイコンで、より表現力を高めることが可能。進捗率も設定できる