Voice Rep Pro 2
デスクトップアプリ
有料
9,050円(税込)
「お任せ自動文字化」機能などで使いやすさアップ。すぐに使える、事前登録不要の音声認識&ワープロソフト
株式会社GING
-
「Voice Rep Pro 2」は、パソコンに接続されたマイクの音声や、ボイスレコーダなどで録音された音声を認識し、漢字かな混じり文に変換できるソフト。句読点の自動付与機能などにより、音声からの文字起こしを楽に行うことができる。「Voice Rep Pro」の後継にあたる新バージョン「2」では、音声認識精度が向上したほか、入力された文字列を読み上げる機能が追加された。精度の高い認識結果が得られるよう、音声認識開始後はソフトが再生・一時停止・認識を自動的に繰り返す「お任せ自動文字化」機能、認識時の音声レベルが適切かどうかを判定する機能なども新搭載された。
音声認識機能と日本語ワープロ機能とをあわせ持つ点が大きな特徴のひとつ。外観はMicrosoft Wordなどの日本語ワープロ風。音声認識機能はワープロの「ツールバー」として実装され、ツールバーには「(マイク音声入力)開始・停止」「再生して文字化」「お任せ自動文字化」といった、大きめのツールボタンが並ぶ。 新バージョンでは“入力音声の文字化”機能が大幅に強化された。「Voice Rep Pro 2」では、  ・マイクに向かって話された内容をリアルタイムに文字化しながら(ワープロに)入力  ・ボイスレコーダなどで一括録音されたファイルの音声を認識して逐次、文字化して入力 のいずれかで音声を文字化する。前バージョンでは音声ファイルからの文字化の際、ファイルの再生→一時停止→音声認識→結果確認→続きを再生……という制御操作をユーザが行う必要があったが、新バージョンでは「お任せ自動文字化」機能により、ユーザの再生制御は不要。例えば、数時間にも及ぶ講演の文字起こしでも、ユーザがつきっきりで作業する必要はない。ファイルの音声が不明瞭だと誤認識が発生する場合もあり、一定水準の録音品質は求められるが、利便性は大幅に向上した。 前バージョン同様、音声認識エンジンにはGoogle社提供のものを採用。音声入力時には、入力レベルが適正かどうかの判定機能もある。句読点は、音声認識完了後に「句読点付与」機能により、適切な位置に自動で挿入される。 音声認識可能な言語は、日本語のほか、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、中国語、韓国語、ロシア語、ポルトガル語の計10言語。 ワープロソフトとしても十分な機能を備える。文字のサイズ、フォント、文字色・背景色、文字装飾などが指定することが可能。表の作成や図形の挿入、もちろん印刷も行える。出力時のファイル形式はMicrosoft Wordのdoc/docxやrtf、txtに対応。出力したファイルを、そのままほかのアプリケーションで編集できる。PDF形式で出力することも可能だ。
//win7app.vector.co.jp/win8appclick.php?A=910
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=910&img_no=1&type=0
新搭載の「お任せ自動文字化」機能。録音された音声ファイルを自動で再生ON/OFFしながら認識する
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=910&img_no=2&type=0
音声読み上げ機能も追加された。認識結果を耳で聞いて確認できるようになった
//win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=910&img_no=3&type=0
認識開始前には、詳細な設定手順が示される。動画で手順を確認することも可能