StyleNote5
デスクトップアプリ
無料
-
HTMLとCSSの編集が高度に融合し、効率的な作業環境を実現したWebページ作成用エディタ
Niimi Rikiya
-
HTMLとスタイルシートを統合的に編集できるように設計された高機能Webページ作成ソフト。HTMLソースの編集中に、外部ファイルのスタイルシート設定を直接行えるなど、Webページ作成の効率を高める工夫が随所に盛り込まれている。 「StyleNote5」は、テキストエディタライクな編集画面をベースに、タグの入力支援や整合性チェック、スタイルシート編集の補助など、多彩な機能が盛り込まれたHTML/CSSエディタ。ファイル選択機能やタグの入力支援機能などを備えたブラウザ部、ソースコード編集エリアに加え、内蔵ブラウザや各種プロパティを確認できるパネル類を、必要に応じて呼び出せる。
編集エリアは、タブ切り替え式のテキストエディタで、タグやキーワードの色分け表示機能、入力支援機能、オートコンプリート機能などが効率的な編集をサポートする。 ●主なテキスト入力・編集支援機能 「ライブラリー」は、HTMLの基本的なタグやユーザが定義したタグ/テンプレートなどを簡単に入力できる機能。「ライブラリー」タブの一覧から選択するだけで、タグを挿入できる(「ライブラリー」を使わなくても、タグ入力は、メインメニューの「コーディング」やツールバー、コンテキスト(右クリック)メニューから行える)。 「スマートエディット」は、HTMLタグやスタイルシートのセレクタの入力時に、続く候補をポップアップ表示してくれるもの。ユーザの入力の手間を省いてくれる。 「zen-coding」は、短縮形で入力したコードを自動的に展開し、正規のコードとして入力してくれるアドオン的な機能。「StyleNote5」は「zen-coding」に標準で対応する。複数のHTML要素を繰り返し記述するような複雑なコードも効率よく入力できる。 「ホイールインプット」は、スタイルシートのパラメータ部分を選択した状態で、マウスのホイールを使ってパラメータ値を変更できる機能。【Shift】キーを押しながらホイールを回転させると、パラメータ値が変化する。 「セレクタの割り当て」は、コンテキスト(右クリック)メニューから行うことができる。コンテキストメニューから「Classを指定する」または「IDを指定する」を選択すると、スタイルシートで定義されたセレクタがダイアログボックス上に表示される。セレクタは、スタイルシートの階層構造にもとづいて表示されるため、適切なセレクタをすばやく選択でき、入力ミスの軽減にもなる。 「スタイルインスペクター」は、メイン画面右側に表示されるドッキングスタイルのバー。スタイルシートのプロパティ設定をサポートする。設定可能なすべてのプロパティがリスト表示され、エディタ部の記述と相互に反映される。 ●そのほかの編集補助機能 「クラスファインダー」は、メイン画面左側のタブ画面のひとつ。スタイルシートに設定されたセレクタが一覧表示される。セレクタの階層構造がそのままツリー形式で表示され、折りたたんだり、展開したりすることが可能。リスト上のセレクタをダブルクリックすると、スタイルシートが読み込まれ、当該部分にジャンプする仕組み。さらに、リスト上の鉛筆アイコン部分をクリックすると、インラインエディタが起動して、セレクタ部分だけが抽出表示される。これにより、本体のエディタ部にHTMLソースを表示させたまま、インラインエディタでスタイルシートを編集できる。 「ツールパネル」は、エディタ部の下部に表示されるツール群。スタイルシートの表示と編集、タグの整合性チェック、スタイルセレクタの一覧表示、リンクのチェック、カラー設定値の一覧表示、文字列検索などのツールを、タブで切り替えて利用できる。 「キャレット位置情報」バーには、「キャレット(挿入ポインタ)が現在、HTMLタグ構造上のどこにあるか」が表示される。バー上のタグ部分をクリックすることで、エディタ上でのジャンプにも利用できる。 「関連ファイル表示」機能は、編集中のページからリンクされたHTMLファイルやスタイルシートがある場合、当該ファイルの名前をエディタ部のすぐ上に表示するもの。クリックにより、当該ファイルをすぐに呼び出せる。 「内蔵ブラウザによるプレビュー」も可能。テキストエディタ部の横に内蔵ブラウザ(ビューア)を表示させ、「編集内容がどのように反映されるか」をすぐにチェックできる。内蔵ブラウザは自動的に表示倍率が調整され、ページ全体のおおまかなレイアウトを把握するのに適している。携帯用やスマートフォン用などの固定サイズに設定することもできる。内蔵ブラウザは、独立したウィンドウとして表示させることも可能。細部を確認したい場合など、ケースバイケースで使い分けられる。 そのほか、 ・スクリプトの編集 ・画像ファイルの閲覧 ・クリップボード履歴 ・選択中の文字列とクリップボードの内容を入れ替え ・大文字/小文字や全角/半角などの文字種変換 なども可能。多彩な機能を備える。 対応する文字コードはShift JISのほか、EUC、JIS、UTF-7/UTF-8/UTF-16、簡体中国語、繁体中国語、韓国語、キリルなど。ファイル新規保存時のデフォルト文字コードや上書き時の処理方法などを指定することもできる。HTML/CSS以外のファイルでも、自動判別によるキーワード強調表示が可能。JavaScriptやPerl、VBScript、Ruby、Python、C++など、多数の形式に対応する。
http://win7app.vector.co.jp/win8appclick.php?A=896
http://win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=896&img_no=1&type=0
メイン画面。タグ挿入をはじめ、充実した入力支援機能でWebページ作成をサポート
http://win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=896&img_no=2&type=0
セレクタ名の割り当てもダイアログ上のリストから行える
http://win7app.vector.co.jp/app_image.php?app_id=896&img_no=3&type=0
タグ編集中にスタイルシート設定を呼び出して編集できる
2ちゃんねるブラウザ「Jane Style」
OpenJaneをベースにした2ちゃんねる専用ブラウザ
olive
Pocket
気に入ったウェブページを保存しておき、まとめてあとで読むことができるウェブサービス
blue
Instapaper
パソコンから気になる記事を発見。時間のないときはウェブページを保存してあとからスマートフォンでも読めるサービス
blue
ホームページ・ビルダー19
スマホからのサイト編集も可能になった“定番”ホームページ作成ソフトの新バージョン
olive
Tungsten
タブグループの階層管理にも対応した、シンプルなデザインのダブルエンジンブラウザ
olive
Sleipnir 6
開きっぱなしのタブから効率よく目的のページを探せる高機能タブブラウザ
olive
Kinza
高機能RSSリーダを内蔵した、「Chromium」ベースの国産タブブラウザ
olive
WebPageClipper
気になるWebページをクリップし、デスクトップに貼り付けておける“付箋風”ブラウザ
olive
Xmarks
さまざまなブラウザで「お気に入り」が同期できるブックマーク共有サービス
blue
Internet Archive
過去にさかのぼって情報を検索・閲覧することができるインターネットアーカイブサービス
blue
StyleNote5
HTMLとCSSの編集が高度に融合し、効率的な作業環境を実現したWebページ作成用エディタ
olive
SRWare Iron
セキュリティやスピードが重視された「Google Chrome」互換のWebブラウザ
olive
QtWeb Internet Browser
プライバシー保護/セキュリティ対策機能が充実した、コンパクトで軽快なタブブラウザ
olive
WebCheckM
チェック間隔や判定条件を対象ページごとに設定できるWebページ更新チェックソフト
olive